凛のブログ

自分らしく生きるための仕事や資格などを発信しています

お す す め 記 事

ユーキャンの評判(口コミ)って悪い?高い?大丈夫?|資格受講体験を元に分析!

ユーキャンの悪い口コミを検証

ユーキャンで資格取得を考えているのですが、悪い口コミもあり、ちょっと不安です・・・。

私もユーキャンで何度かお世話になっているので、今日はその経験を元に、口コミを分析してみましょう。

この記事では、
  • ユーキャンの口コミの真相を聞きたい
  • ユーキャンで資格を取りたいけど、ユーキャンだけで本当に大丈夫?
  • ユーキャンで本当に続けられるの?
  • ユーキャンって高くない?
  • ユーキャンはどんなタイプの人が向いているの?

こんなお悩みを解決します。

 

それではこれから、あの有名な「ユーキャン」の悪い口コミに焦点をあてて、私の実体験を元にお話しします。

試験勉強方法なども合わせてお話ししますので、是非、最後まで読んでくださいね。

先に結論をお伝えすると、やはり通信講座ならではのメリット・デメリットが存在します。

ただ、それはどの通信講座でも同じなので、この記事では、通信講座を受けるにあたって気を付けたいことも合わせてお伝えしていきたいと思います。

後半では、ユーキャンで学ぶのが向いている人などをご紹介しますね。

この記事を書いている人 -WRITER-

凛:FP

一般事務や受付、経理などの経験を元に、就職や副業、資格取得などの情報を発信しています。特に派遣関係では、派遣会社の社員の経験と派遣される側の経験があります。また、派遣社員から2回ほど正社員になった経験もあります。

詳しいプロフィールはこちらから

【所有資格】
・簿記2級(満点合格)
・FP
など。(詳細はプロフィールに記載しています。)


ユーキャンでは、簿記3級と趣味でペン習字を習っていました

この記事を読み進めていくにあたって、意識していただきたいのは、「今、自分が何を悩んでいるか」ということです。

「ユーキャンで勉強しよう!」と思っていても、あと1歩踏み出せないのあれば、決心がついたら、すぐ行動しましょう。

「ユーキャンとは限らず、どこかで受講したい!」と考えている方は、色々と検討したら、ある程度で踏ん切りを付けて、すぐ行動しましょう。

どうしてですか?

実は、ある程度、悩んだら、行動に移すのが一番なんです。

全て自分の理想と一致する講座はありません。

「ない」ことを理由に探し続けるのは、時間のムダです。

その探す時間を、勉強にあてた方が、合格に近づきます。

どんな講座を選んでも、100%満足することはありません。

自分が好きになれそうな、頑張れそうな教材を選んで、「足りないものは他で補おう」という勉強法が、合格への近道になります。

                               

 

ユーキャンの悪い口コミの検証

悪い口コミを検証

ユーキャンの悪い口コミにはざっとこんなものがありました。

ユーキャンの悪い口コミ
  • 不要なメールがうざい
  • 説明不足
  • ユーキャンだけでは受からない
  • 一般教育訓練の申請ができなかった
  • 通信講座としては高い

 

それでは、早速、ユーキャンの悪い口コミ(評判)の検証をしていきたいと思います。

ユーキャンの悪い口コミ①
不要なメールがうざい

ユーキャンに限らず、通信講座を受講すると、同じようにメールがいっぱい届きます。

これって、受け取る私たち側からすれば、すごく迷惑ですよね・・・。

でも、時々、重要なメールも入ってきたりもして、なかなかメール解除できません(>_<)

ですのでもう割り切るしかないと思います。

対策としては、受講が終わり必要がなければ、「即メール解除」しかありません。

ユーキャン悪い口コミ②
添削が遅すぎる

これも、ユーキャンに限らず、通信講座を受講する以上どうしようもない現実です。

ここで特に注意したいのが、資格試験系の通信講座を申し込んでいる場合です。

試験間際にまとめて添削をおくっても、返却してくれる期間は変わりませんので、計画性をもって受講して下さい。

対策としては、早めの学習を心がけましょう!

これができなから、不満なんですが・・・。

ですよね。私もいつもギリギリ提出する人なのでよくわかります(笑)
でも、ある日、「お金を出して、必要な時期までに添削してもらえないのはもったいない(>_<)
受けれるサービスはすべて受けてやる!」って思ったら、必死でした(笑)

後でお話しする、試験対策でもふれますが、「すべて完璧」になってから、添削を提出する必要はありません。

添削が間に合わなそうなら、その今のレベルで添削に出して下さい。(中途半端な学習状態でもOK)

添削が遅れるデメリットより、はるかによいメリット(情報提供)が受けられます。

添削の本髄は、いい点数を取ることではなく、弱点の洗い出しです。

ユーキャン悪い口コミ③
説明不足

勉強する上で、どうしてもわからないことが出てきます。

ユーキャンの教科書でも、大手専門学校の教科書でも、どうしても疑問点が出てきます。

対策としては、「検索」してみましょう!

Googleなどで検索すると、文献やらyouTubeなどの解説が出てきます。

非常にわかりやすく説明されています。

検索した結果は、自分のレベルに合わせて取捨選択できるので、理解が深まりますよ。

試験勉強では、1つの教科書や問題集を何度も何度も読み返すことが必須です。

ただ、それだけでは受かりません。

プラス、わからなかったことは、その都度、検索し、その都度、理解することをおすすめします。

もちろん、ユーキャンにも質問できるシステムがありますが、私は検索した方がスピーディーかつピンポイントで知りたい情報が手に入ると思います。

ユーキャンの案内資料のご請求はこちら

ユーキャンの悪い口コミ④
ユーキャンだけでは受からない

この質問がとても多く感じました。 細かく例をあげると、

  1. ユーキャンでは勉強していないところが試験に出た
  2. 問題形式が全然違っていた
  3. ユーキャンの添削ではよい点を取っていたのに、試験では全然ダメだった

などの口コミがありました。

これは、そもそも試験勉強としてのやり方が間違っています。

大事なことなので、ここでは1つ1つ解説していきたいと思います。

ユーキャンでは勉強していないところが試験に出た

もし、あなたが合格点レベルの実力があれば、
・勉強していないところが試験に出たとき
・考えてもわからない問題が出たとき
は、解答しなくても受かります。

100点満点でなくても受かるので、こういった問題が出たら、捨てる勇気を持ちましょう。

勉強を頑張ってきた方なら、あなたが答えられない問題は他の人も答えられません。

資格試験では、難しくて答えられない問題をあえて出題することがあります。

問題解決にあたりうまく取捨選択できるかどうかも試験において試されます。

その技術を磨くだけでも、グンと合格が近づくので是非試してみてください。

ちなみに私は記号を使ってました。

問題番号に、「△」「×」を付けていました。

・「△」・・・時間が余れば見返す必要があるもの。
・「×」・・・捨てる問題(この問題を解くくらないなら他の問題を解こうと思う問題)。

「△」がおおむね解決してもなお時間が余れば、「×」に取り組みますが、ほとんどの場合、そこにたどり着く前に制限時間になります。

でも、それで十分合格できます。

こういった口コミの多くは、ユーキャンのコールセンターに「ユーキャンの教材だけで受かる」と言われ、その言葉を鵜呑みにしてしまった人だと思います。

1つづつ問題を回答していかないと気持ち悪いのですが・・・。

気持ちはすごくわかりますが、試験の場合は、優先順位を自分で付けていくことも試されていると思って、割り切ることが必要です。

先程の、「添削」のお話しと一緒ですね。

目標は「満点」を取ることではなく、「合格点」を取ることです。

問題形式が全然違っていた

ユーキャンの過去問を解いていったのに、試験では全然違う問題形式で戸惑いました。

これもよく聞きます。 というか、実はこれは大手予備校に通っても同じなんです。 

また、多くの「過去問」はテーマごとに出題されていることが多いのが現状です。

試験はテーマごとの出題ではないので、テーマごとの「過去問」に慣れるとどうしても戸惑うことも出てきます。

「過去問」も大切ですが、是非、「過去の試験問題」を解くことをおすすめします。

3年分(余裕があれば5年分)解くだけでも、全然違います。

でも、「過去の試験問題って、出たものなのでもう出ないですよね。それに法改正とかあって情報が古いものもあるだろうし・・・。」

実は「過去の試験問題」はパターンを身に付ける上で非常に重要なんです。

もちろん法改正などがあるので、解答が全て正しいとは言えないことも多いです。

ただ、ここで重要視したいのは、とにかく「出題パターンに慣れておく」ということです。

学校や通信教育、そして本などの模擬試験はどうしてもその団体独自のカラーが出てしまいます

なおかつ、その独自のパターンに慣れきってしまうと、本番の問題形式に違和感がでてしまい、それだけで難しく感じてしまうものです。

合格するためには、問題パターンを制するのが一番ですよ。

ユーキャンの添削でよい点を取っていたのに、試験では全然ダメだった

よく、「小テストではいい点数が取れるのに、本番になると全然できない」ということを聞きますが、それと同じです。

それは、本当の意味で理解していないことが原因にあげられます。

小テストはいわば、その論点でのテストです。つまりは「点」なのです。

試験は、点と点を複雑に混ぜ合わせた「全体」の理解が要求されます。

つまり、「点」と「点」の理解はできているが、それをまだ結びつけるほどの理解には達していないということになります。

ユーキャンで継続的に、段階を追って勉強していけば、全体の理解が自ずと深まります。

ユーキャンの案内資料のご請求はこちら

ユーキャンの悪い口コミ⑤
一般教育訓練の申請ができなかった

これも実は、多くの通信講座で起こりうる現象です。

通学ですと、講義の時にお知らせなどしてくれますが、通信講座ですとそれがメールや書面になってしまうので、どうしても読み落としが出てきます。

それを防ぐために、申込スケジュールや申込方法は、一番最初に確認し、いつも見えるところに置いておく必要があります。

ユーキャンの悪い口コミ⑥
通信講座としては高い

確かに、ユーキャンの通信講座は、他の通信講座に比べると少し高い気がします。

ただ、通学と比べるとはるかに安いです。

と、言っても、通学と通信講座とは受けられるサービスが違うので、満足のいく回答にはなりませんね。

他の通信講座との値段の差が出てくる要因としては、

・わかりやすく図解がおおい(色が多い分経費がかかる)
・試験問題などの研究費がかかる

 

など、あると思いますが、どうしても納得できないようであれば、他の通信講座を選択することをおすすめします。

ただ、お金だけで、講座を受けるかどうか決めるのは、色々な面で「損」になります。

もし、「お金」だけで迷っているのなら、「本当にそれだけ払う価値がないか」どうか見極めてから、決断してすることをおすすめします。

>>ユーキャンの授業料・教材・動画の確認はこちらから

 

ユーキャンでの受講が向いている人

ユーキャンでの受講が向いている人

よく、「ユーキャンの教科書は簡単すぎて、難しい試験には向いていない。」と言われます。

私が見ても、「ちょっと物足りないな」と思うことも正直あります。

でもそれは、初心者向きに作られているからだと思います。

もし、あなたが初心者で、いきなり、ぎゅうぎゅう詰めの内容の濃い教科書が送られて来たら、それだけで、ゲッソリしませんか?

私なら、ちょっと見て、続かないと思います。

その点、ユーキャンなら、全くの初心者でも、飽きずに勉強できます。

もちろん、資格試験のみならず、趣味でも、学ぶ大変さはあります。

なので、ある程度の「意思」がないと続きませんが、ユーキャンの教科書は、なるべく、飽きずに学習できるように工夫されていると思います。

逆に、ちょっと知識や経験があり、補足的にユーキャンで勉強しようと考えている方には、少々、物足りないと思うので、他の通信講座を検討した方がいいと思います。

そんな方は、クレアールの通信講座をおすすめします。

「資格★合格クレアール」をのぞいてみる>>

詳しくは、こちらの記事「【Web通信講座のクレアール】いい口コミだけの情報は信用しないで! - 凛のブログ」を見てくださいね。

 ユーキャンが向いている人

初心者で、できるだけ興味が持てるよう工夫されている教材で学習したい方

>>ユーキャン公式HPで講座を確認してみる

 

まとめ:ユーキャンの悪い口コミはどこにでもある評価と一緒

まとめ:ユーキャンの悪い口コミはどこにでもある評価と一緒

まとめ:ユーキャンの悪い口コミはどこにでもある評価と一緒

この記事を書くにあたって、ユーキャンの悪い口コミをいろいろと探しましたが、結果、どれを見ても、どこにでもある評価と同じでした。

正直、ちょっと違った口コミを検証したかったのですが、なかなか見つかりませんでした。

どうして、そういうことが起きるのかというと、「期待が大きすぎる」の一言で言い換えられると思います。

通信講座を申し込んで、送られてきたものだけをやる受け身の姿勢では、資格試験は難しいと思います。

趣味についても、本当の趣味程度であれば十分ですが、「うまくなりたい」などの希望があるのなら、「ユーキャンだけをやっていれば大丈夫」という受け身では身につきません。

でもコールセンターで「ユーキャンの教材だけで大丈夫」だと言われましたよ。

ユーキャンの悪い所をしいてあげるならそこかもしれませんね。

資格取得や趣味での勉強は基本は、1つの教科書(本)で全うするのがいいと思いますが、基本がある程度できたら、応用力をつける為にも、他の教材を試す方が応用力がぐんと付きます。

基本はユーキャンで徹底的に勉強し、応用はいろいろな問題を解くのが一番理解が進むと思います。

是非、試してみてください。

ユーキャンなどの通信講座は、その特質上、受け身の方は不向きと言えます。

これは通信講座全体に言えることですね。
その一方、ユーキャンは教材が充実しているので、時間管理ができる方は、隙間時間にも勉強できるてとても効率的に学べると思います。

ユーキャンはゆとりをもって勉強できるすばらしいシステムでもあります。

普段、忙しい方も趣味を習うことで心の余裕ができてくるかもしれません。

ゆとりをもって勉強する

\資料請求無料/

  • 資格や技能取得から
  • 趣味・教養まで


ユーキャンの資料請求はこちらから

※HPからは最短3日で資料が届きます。(電話の場合は5日前後)

すぐにでも受講の申込をしたい方はこちらから⇒ユーキャン公式HP

 

おまけ:ユーキャンの情報一覧

ユーキャンではいろいろな情報を提供しています。

資料請求は無料なので、のぞいてみるのもいいかもしれませんね。

ここでは、ほんの一部だけご紹介しますね。 

  • ユーキャンのぴったり講座診断
    心理学を用いて、どの講座があっているか診断してくれます。
    「何か習いたい」と思ったら、ぜひ診断してみてくださいね。

  • ユーキャンの全講座一覧
    ユーキャンの全講座が見れる一覧です。
    思いもかけない講座などがあり、一見の価値ありですよ。
    カテゴリー分けもされていて、とても見やすいです。

  • ユーキャンの人気講座ランキング
    ユーキャンの人気講座ランキングが見れます。
    まあ、予想通りのランキングです。
    興味がある方はぜひのぞいてみてください。

  • ユーキャンのまなびスタイル診断
    まなびスタイル診断とは、TVや雑誌で今話題の「ディグラム・ラボ」代表の木原誠太郎さんが開発した「ディグラム診断」をベースにした診断です。
    20問の質問に答えると自分のタイプが出てきます。
    ここだけの話、私は、「黒文字びっしり誠実派大学ノート」タイプだそうです(笑)
    この診断を元に、「おすすめの講座」や「学習タイプ」、「強み」などが書かれていておもしろいですよ。

>>ユーキャンの案内資料のご請求はこちら